西日本豪雨災害の支援から帰ってきました!


「負けんよ、広島は!」「がんばろう!倉敷.真備」 ほうじゃねぇ…ほんまじゃねぇ!という1週間でした。

ボランティアさんの医療支援という形で 呉市と倉敷市真備で活動をして参りました。

被災し復旧途中の大変な状況の中で…… 地域全体が、とても温かく迎えて下さいました。

社協さんをはじめ、看護師の皆さんから多くの学びを頂き ボランティアさんとは、宿泊先でもほっこりな夜を過ごし 地域の方々との会話は、涙する日もありましたが 人の持てる強さを感じました。

呉市は、櫛状に、土砂被害があり、重機の入らない細い道と坂道で、圧倒的にマンパワーが必要です。 ボランティアさんが、土嚢を積み上げていく作業を手作業でされていました。まだまだ人手と時間を要します。

真備は、水害、水没により、被災範囲が広範囲です。 床を剥がし、家に入り込んだ水を外に出し 乾いてしまった土は重いです。壁や、使えそうな食器などもボランティアさんが丁寧に磨いておりました。 お家の方は避難所が遠く、バスでやって来て 自宅に戻り作業されている方もおられました。

どちらも床を剥がすと釘が出ていて、怪我をしたり。。。 季節的に暑さも尋常じゃありません。。。

ボランティアさんの数に対して、看護師も不足しております。 呉市の看護師募集はこちら(kuresc.net/svc/?p=315) 倉敷市は、こちらです(peraichi.com/landing_pages/view/kuravol)

ボランティアさんの看護支援は、今までなかった試みです。 また現地の避難所や病院の支援ではないので、ご自宅においての住民の方と関わることも、とても勉強になります。 行ってみたいけれど、どうすれば良いか分からない… などございましたら、いつでもメッセンジャーからご連絡下さい。

現地で活動されている方々も、地域も、待っていて下さっています。 お時間が、許すならば参加してみて下さい。 私もまた訪れたいと思います。


0回の閲覧0件のコメント