協働型訓練in杉戸(午後)


様々な体験ブースがございました。

災害救助犬は、救助、探索などの仕事を終えたのちは、

セラピー犬として、避難所を訪問するそうです。

今回、災害救助犬の初動訓練として、ドローンによります地図マッピングが行われておりました。

どのルートにて現地入りをするかは、とても大切なことですね。

その他にも、外国人対応と致しまして

「ボイストラ」という翻訳アプリを紹介して頂きました。

スマホに入れておいて損のないアプリです。

三菱の電気供給自動車も来ておりました。

エンジンではないので、運転手の首のあたりまで、浸水があっても車は生きているそうです。

そのことに、びっくりしました。

アルファ化米の炊き出しは、とっても美味しかったです。

お野菜が食べられる幸せを感じました。

ほかにも、ソナエ袋やトイレの展示、

福祉避難所の体験、トリアージ方法などなど、盛りだくさんでした。


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示